モテル人材になろう

求人の少ない時代です。職は待っていても、向こうからはやってきません。こちら側から動かなければ、就職という甘い果実は手に入れることが出来ません。求人が少なくても、モテル人材になれば仕事に就くことが出来ます。

モテルということは、人から好かれるということです。企業・会社から好かれるということはその中で仕事を任せられる、人から頼りにされる人望のある人ということです。モテてモテてしょうがない人材になるにはどうすればいいのでしょうか。そのことをお話していきたいと思います。

誰でもバレンタインデーのチョコレートやそのお返しのホワイトデーの贈り物を貰えば嬉しいことこのうえありません。そのチョコや贈り物が職であり仕事だと例えてみましょう。そうです。モテル人材というのは、どこからも好かれる魅力ある人ということになります。でも、そうなるにはそれなりの努力が必要です。自分磨きということとも多少関係しますが、確かに前向きにポジティブに考え行動している人は自然と人が寄ってきます。ではなぜその人の周りに人が来るのか。それはその人の作り出す世界が周囲に魅力的に映るということでしょう。まさに蜜に引き寄せられるミツバチのようなものです。

企業・会社で言えば、蜜(業績)を生み出す人間が喉から手が出るほど欲しいのです。それには人格やスキル、経験など、さらに実績や行動力、実行力などあらゆる点で優れている人材にならなければいけません。どこの業界でも競争化が激しさを増していますが、さらなる飛躍のためのスキルアップを行えば、企業の方から皆さんのところへ、採用通知という嬉しい知らせが来るはずです。

モテル人というのは、外見がかっこいいとか、可愛いとかいう要素もありますが、それだけではちょっと薄っぺら、薄味です。中身が大事です。モテルということは何も先天的な要素だけではありません。自分を改良する後からの努力を続ければ、モテルことは可能です。性格や人間性がモテる人気に結びつくのです。外見も内面も磨き、一味も二味も違う味のあるキャラクターになり、高いスキルと専門性、他所には無いオリジナリティやアイデアや創造性を次々と打ち出せれば、企業・会社が放っておきません。それがすなわちモテル人材だと思います。

このページの先頭へ

BOOKMARK